%e3%81%82%e3%82%86%e3%82%80%e3%81%95%e3%82%93

指揮者:桑田 歩氏

・土浦市に生まれる。
・3歳よりヴァイオリンを、8歳よりチェロを父、桑田 晶に手ほどきを受ける。
・東京音楽大学付属高校を卒業後、同大学専修科コースを経て1987年にウィーン市立音楽院に留学。同地にてリサイタルを開催する他、オランダ放送TVに出演。
・第10回霧島国際音楽祭にて特別賞を、イタリアのキジアーナ音楽院にて特別名誉賞を受賞。
・1991年に帰国。群馬交響楽団及び新星日本交響楽団(現東京フィル)の首席奏者を歴任し、定期演奏会等にてソリストとしても度々出演する。
・第68回日本音楽コンクール作曲部門の作品演奏に対して委員会特別賞を受賞。読売日響、東京都響、新日本フィル、大阪フィルなどの客演首席奏者を度々務める。
・1999年よりNHK交響楽団のチェロ奏者に就任し、現在は次席奏者を務めている。室内楽奏者として、またN響のチェリスト4人で結成された[ラ.クァルティーナ]のメンバーとして10数枚のCDをリリースしている他、ソロ小品集《ヴォカリーズ》《メロディー》の2枚をリリースし、いずれも高い評価を得ている。
・ペーター シュミードル、ヴォルフラム  クリスト、アリス 沙良 オット、チョー リャン リン、中村紘子、清水和音、などの国内外の著名な演奏家と数多く共演する他、2007年にはフィリップ グラスのチェロ協奏曲を日本初演するなど、ソリストとしても活躍している。
・また指揮者としての活動も多く、近年では東京ジュニアオーケストラ ソサエティー、ブルーメン フィル、浦安シティ オーケストラなどの指揮を務め2014年に行われたブロカート フィルの公演ではアッペルモントの『カラーズ』(オーケストラ版)の世界初演の指揮をしている。
・これまでにチェロを堀 了介、J.バイロフ、D.シャフランの各氏に、室内楽をR.ブレンゴラ氏に師事。

 

 

%e5%b0%8f%e6%9d%be%e3%81%95%e3%82%93指揮者/木管トレーナー:小松拓人氏

・千葉県出身。幼少よりピアノ、13歳よりオーボエを始める。
・2004年東京音楽大学器楽科オーボエ専攻卒業。
・在学中2002年に東京文化会館新進音楽家オーディション合格。同演奏会に出演。
・同年JILA音楽コンクール室内楽部門第1位受賞。
・同大学室内楽定期演奏会に出演。
・卒業後はオーボエ奏者としてオーケストラ、室内楽、オペラ等、様々な公演に出演する。
・2004年皇后陛下古稀記念演奏会に出演。
・これまでにオーボエを外囿信恵、広田智之、小林裕、宮本文昭の各氏に師事する。
・2006年に活動を指揮に転向する。
・2011年東京音楽大学大学院科目等履修生を経て、同大学院作曲指揮研究領域指揮専攻修士課程修了。
・修了後はオーケストラ、オペラを中心に指揮者として活動。
・第一回、第二回、井上道義指揮者講習会受講。
・2013年度上野学園主催下野竜也指揮講習会春期、後期受講。
・またオペラの分野では喜歌劇「こうもり」の公演を指揮、副指揮者として「カルメン」「外套」「こうもり」「カヴァレリアルスティカーナ」「道化師」「ランメルモールのルチア」「ドンジョバンニ」「オテロ」「ラ・ボエーム」「ロミオとジュリエット」等の製作に携わる。
・2015年~2017年、土浦交響楽団客演指揮。
・2016年~2017年4月、新宿交響楽団客演指揮。
・恵泉女学園非常勤講師(課外オーケストラ担当)。
・指揮をこれまでに汐澤安彦、宮松重紀、田代俊文、広上淳一、またピアノ、スコアリーディングを岩渕静、後藤和誉、伊左地直、野田清隆の各氏に師事する。

 

トレーナー一覧 (順次追加予定です)

トレーナー:担当パート

(50音順/敬称略)

紹介

桑田 穣 :バイオリン

1984年 国立音楽大学 器楽学科を首席で卒業。矢田部賞受賞。読売新人演奏会に出演。

1988~1990年 ウイーン市立音楽院に留学。A.アレンコフ氏に師事。チューリッヒにてN.ミルスタイン氏のマスターコース終了。

新日本フィルハーモニー交響楽団、新ヴィヴァルディ合奏団を経てフリーのヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソロ、室内楽、録音セッション等の他、東京フィル、東京シティフィル、神奈川フィ ル、ニューフィル千葉の各楽団にてコンサートマスター、首席奏者として、また九州交響楽団、大阪フィル、名古屋フィル、新日本フィル、仙台フィル、山形交響楽団に首席奏者として客演した。東京アンサンブルのメンバーとして韓国、ポルトガル、カナダ、トルコ、ギリシア、オーストリアに遠征。

これまで主だった共演者として鮫島有美子、ヘルムート ドイチュ、直樹ヘーデンボルク(ウイーンフィル)清水直子(ベルリンフィル)藤原真理(チェロ)趙静(チェロ)の各氏。桑田 晶、鷲見 健彰、鷲見 四郎、徳永二男、海野義男、諏訪内晶子、水野佐知香の各氏に師事。

桜美林大学非常勤講師。

須永 真純 : クラリネット

群馬県館林市出身。日本大学理工学部及び、東邦音楽大学音楽学部音楽科クラリネット専攻卒業。東邦ウィーンアカデミー(オーストリア・ウィーン市)修了。

東邦音楽大学在学中より、群馬交響楽団や在京オーケストラにて演奏活動を始め、学内トライアルコンサートのオーディションを通過し、東邦音楽大学管弦楽団と共演。読売新人演奏会、ヤマハ主催管楽器新人演奏会に出演。

クラリネットを磯部周平、内山洋、松尾賢一郎、及びシュテファン・ノイバウアーの各氏に師事。
現在、東邦音楽大学附属第二高等学校講師、同校ウインドオーケストラ指導・指揮。東邦音楽大学ウインドオーケストラ・スペシャルユニット、及びウインドアンサンブル「グラウベン」コンサートマスター。
また、各地での吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト、ソロコンクールなどの審査員も務めている。

 

田代 藍 :バイオリン

つくば市出身。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部器楽科卒業。
第48・49回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第5回JILA音楽コンクール弦楽器部門第2位。第26回茨城県新人賞を受賞、他。
在学中より、国内オーケストラの客演奏者として多数の演奏会に出演。
鎌倉ジュニアオーケストラトレーナーを務める等 後進の指導の傍ら、クラシック音楽のみならず、ミュージカルやスタジオレコーディング等様々な分野で活動中。

冨沢 由美 :バイオリン

土浦市出身。東京芸術大学卒業後ベルリンハンスアイスラー音楽大学に留学。

現在は横浜シンフォニエッタ団員。室内楽奏者としても活動を広げている。また後進の指導にも力を入れている。

%e6%b1%8e%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%b3

伴野 剛 :ビオラ

つくば市出身。東京藝術大学卒。藝大フィルハーモニア首席奏者、NHK交響楽団契約団員を経て、現在は横浜シンフォニエッタ団員。

オーケストラ客演首席奏者、室内楽奏者や指導者として活動している。

伴野 涼介 :ホルン

つくば市出身。東京藝術大学卒、同大学院修士課程修了。平成22年度文化庁海外研修員としてフランクフルト音楽・舞台芸術大学で学ぶ。

読売日本交響楽団団員。東京藝術大学非常勤講師。日本ホルン協会常任理事。

1478007008172

西山健一 :チェロ

東京芸術大学附属音楽高等学校を経て東京芸術大学卒業。在学中にアカンサス音楽賞受賞。
2005年より1年間ベルリンに留学。NHK交響楽団団員。

1477953603211

萬代 裕子 :チェロ

土浦市在住。埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科を経て、東京音楽大学を卒業。在学中は堀了介氏に師事。ソロ、室内楽を中心に日本全国で演奏活動を行うほか、茨城県内でのサロンコンサートなど地元での演奏活動にも力を入れている。

埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科で非常勤講師を10年勤め、茨城県高文連弦楽講習会講師ほか、後進の育成にも勢力的に取り組んでいる。

mizoguti

溝口 哲矢 :ホルン

茨城県土浦市出身、 東邦音楽大学卒業(ホルン専攻)、同大学卒業代表演奏会出演、第69回読売新人演奏会出演、第18回ヤマハ管楽器新人演奏会出演、茨城県新人演奏会オーディション合格。

現在、東邦音楽大学ウインドオーケストラ・スペシャルユニット副代表、ホルン奏者、指揮者、東邦音楽大学附属東邦第二高校講師、同校ウインドオーケストラ常任指揮者、東京シンフォニックブラスホルン奏者、土浦吹奏楽団常任指揮者、南古谷ウインドオーケストラ指揮者(埼玉県川越市)、筑波大学管弦楽団講師、青山学院高等部ブラスバンド部講師、管楽器専門店ウインズ・ユー(牛久市、つくば市、守谷市)ホルンレッスン講師。

オーケストラを皆さんに身近なもとして、わかりやすく、楽しく柔らかく丁寧に指導します。

山崎響子 :バイオリン

つくば市出身。
桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。 桐朋オーケストラ・アカデミーで研鑽を積む。
ヴァイオリンを桑田晶、沼田園子、川口静華、名倉淑子の各氏に師事。
第 9 回大阪国際音楽コンクール入選。
第 36 回茨城県新人演奏会に出演、茨城県新人賞を受賞。
2010 ~ 2015 年、フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手を務める。
現在、演奏活動の傍ら、ひたちジュニア弦楽合奏団講師、茗溪学園室内楽部コーチを務めるなど、地元茨城で、指導にも力を入れて取り組んでいる。

小林倫子 :バイオリン

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院音楽研究科器楽専攻(室内楽)修士課程修了。
4歳からヴァイオリンを始め、川又くみ子、鷲見健彰、沼田園子、久保田巧、松原勝也の各氏に師事。
1991、1994、1996年に全日本学生音楽コンクール東京大会入選、2007年に第1回東京サミット音楽コンクール優秀賞受賞。
1991年から1995年まで開催された水戸芸術館主催「安永徹ヴァイオリン・クリニック」にすべて参加。1993年に「茨城の名手・名歌手たち」に出演。
2012年からはイ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団にてコンサート・ミストレスを務める。